スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登場人物(姫宮きゃさりん)

姫宮きゃさりん

姫宮家第三プリンセス

幼少のみぎり、母親に疎まれ、本家から放逐される。

しかし、本人は、あまりにも優秀すぎる妹を恐れるあまり、姉たちが母親に自分の悪口を吹聴し続けたせいで
本家を追われたと思い込む。そのため、姉たちに対する激しい敵愾心を抱きながら少女時代を過ごす。

凋落の兆しが見え始めた姫宮家を再興させることで、母親の愛情を姉から奪い返すことを至上命題とする。

姫見家再興の手段として、貴族勢力の盟主としての姫宮家の立場を復活させることが重要と考えている。
そのため、所属する枢密学校では、貴族に対するいじめ問題に積極的に取り組み、貴族入学試験免除特権の
廃止運動にも死に物狂いで反抗している。

しかし、姫宮本家は、衰微する貴族勢力の盟主としての立場では、姫宮家再興にはまるで不十分として、
福山家をはじめとする新興庶民勢力との提携に方針転換。そのため、きゃさりんの
思惑をよそに、貴族の保護者としての姫宮家の立場はますます不明瞭になってしまった。

こうした姫宮本家との政治方針の違いが、本家ときゃさりんとの距離感をますます広げる結果となっている。

本家放逐の補償として、母親から港一つとそれに隣接する島々を贈与される。

きゃさりんは同地域を、きゃさりん自由国と命名。
自らの統治能力に若干の不安を感じたきゃさりんは
母親から推薦された姫宮一門の優秀な官僚たちに統治を委任。
(官僚たちは、「チームきゃさりん」、とか言われてる)

チームきゃさりんは、一定の税金をきゃさりんの化粧料として上納すること
と同国のきゃさりんへの忠誠を条件に、専制君主としての立場を放棄すること、
また、自由な経済活動と民主的な議会の開設を許可することを進言。

きゃさりんは進言に同意した。

そのため、保守的な思想をもつきゃさりん本人の思惑とは別に
同国では、開明的な君主として一定の評価を得ている。

きゃさりん本人は、政治活動をするためには潤沢な資金が必要であったので
名よりも実利を重視しなければならない事情があった。

また、姫宮本家の意向を受けたチームきゃさりんは、来るべき未来の国のモデルケースとして、
きゃさりん自由国で自由主義という壮大な実験を行う必要があった。


表現の自由が認められた同国では、各国から多数の政治亡命者を受け入れている。
特に、北国の千条家からの亡命者を多数受け入れ、枢密学校の千条さんもきゃさりん自由国経由で亡命した。
スポンサーサイト
プロフィール

Catherinefx

Author:Catherinefx
ブラックあずにゃんさんのTwitterによる寄稿のライトノベルです。
絵:きゃさりん

とある乙女の裁量決済(ロスカット)
http://catherine2010.blog119.fc2.com/

もともとは上記ブログで紹介させていただいていたのですが、最新記事から降順では読みづらいため、こちらに読みやすくまとめてみました。

最新記事も上記ブログで読むことができます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゆーとぴあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。