スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引

千条は思い出したかのように、
「菫さん。私から一つ提案がある。」
「うかがいましょう。」
「今回のいじめ問題でも明らかだが、我が学園には心の病んだ人間が多い。事実、自傷・自殺未遂・性的な乱れ・拒食症・鬱・心身症・パニック障害など、精神疾病にり患する生徒が一般社会と比較しても格段に多い。いじめられる生徒を守るのは当然だがいじめる子も守らなければならない大事な生徒だ。」
「おっしゃる通りです。いじめる側も、学園のあまりにも合理的すぎるシステムが重圧となり、攻撃性のはけ口が必要になったのかもしれません。」
後で聞いた話だが、お嬢様の学園は、個々人の才能を開花させることに専念するのが売りだが、裏を返すとそれとは関係のない行事、例えば、学園祭・体育祭・修学旅行などはもちろん、ちょっとしたレクリエーション的なイベントも一切行わない。菫さんの願望は、この学園の生徒にも普通の青春をエンジョイできるようにしてあげることだ。だから、生徒会長を目指すという。

「そこでだ、来月の定例生徒総会では、臨床心理系の研究の補正予算案を提起するので、戦闘部にも賛成を呼び掛けて欲しい。増額理由は、生徒が気軽に悩みを相談に行ける部屋の確保と設備投資だ。具体的な金額は木下と相談するが、大胆で野心的な金額になると思う。」
「ええ・・・」
困惑を隠せない菫さん。

sumire47_001.jpg

「優秀な研究生にきちんとした設備が整えば、一恋さんにも十全なケアができると思うのだが、どうだろう?」
一恋を持ち出して、菫さんにとっても魅力的な提案であることを印象付けてはいるが、事実上の見返り要求だ。

「申し訳ないですが、そのような取引には応じかねます!」
さすが、王子様と言われるだけあって毅然とした態度だ。

「そうか、残念だ」
あっさりと、要求を引っ込める千条。
「そんな、黒い要求に菫さんが応じるわけないじゃない。」
余計な横槍を入れるのはお嬢様。

「とても、残念ですが、一恋を救う手立ては別に考えます。」
そう言って菫さんが、席を立とうとすると、
「まて、勘違いをするな。別に、菫さんが私の要求を飲まずとも、一恋さんは助ける。いじめは卑劣な行為だ。断じて容認できない。」
「そう・・・なのですか?」
菫さんは、千条の真意を測りかねているようだ。
「信じて欲しい。そして、いじめる方を一方的に追い詰めて解決するつもりもない。」
このアプローチは、お嬢様のやり方とは決定的に違う。お嬢様の考えはあくまでも被害者救済。千条は、そして菫さんも、加害者も救済の対象と考えている。残念ながら、器の違いはある。
「ただ、そのためには受け皿が必要なのだ。残念ながら、この学園には受け皿となるべき学生相談室のような部屋がない。人材は一流の者がいるにもかかわらずだ。」
「それは、大問題だと思います。」
「補正予算は今は引っ込めよう。そのかわり部屋の確保だけでも賛成してくれないか?心の専門家に活躍の機会を与えてやってくれないか?なにより、苦しんでいる生徒を救う体制づくりに、協力してくれないか?」
要求を拒否されるや間髪いれずに代案を提案し、畳み掛けるように正論を吐き、持論を補強する千条。最初の提案が大きな金額を伴う受け入れ難いものだったので、金銭抜きの今回の対案が受け入れ易く思えてしまう。
「私一人が賛成するのは問題ありませんが、私の部員を巻き込むのは問題があると思います。」
「事前に賛成を呼びかけるだけでもいいのだが?」

菫さん個人の賛成は取り付けた。千条がどこまで切り込めるかみんなが固唾を飲んで見守っている。
「学生相談室のような機関がこの学園に必要であると事前に訴えることくらいはできます。というか、私から積極的にお願いしたいくらいです。ですが、結果的にどれくらい賛成してくれるかは分かりません。」
「うむ・・・。」
千条も悩んでいるようだ。結果までは確約できないが、菫さんは熱心に部員を説得する気はあるようだ。ここまでが限界か。それとももう少し切り込めないか。

「ああそうだ! 福島・加藤!!」
「おいっす。」
「確か、あなたたちは部活では菫さんの後輩に当たるな? 菫さんが部員の説得をしやすくなるように他の部員にも働きかけを行ってくれないか?」
「ああ、ええと」
指名された二人の目が泳いでいる。結果責任までは負いたくないといったところか?
「うちらが懇意にしている子達くらいは説得できるっすよ?ただ、それ以外の人とはちょっと無理っすね」
そこを曲げて頼むとまでは言わない千条。あまり厳しい要求をすると人の心が離れてしまうかもしれないからか?

それでも、戦闘部内で人望のある菫さんによる部員への頼みごとに、福島・加藤両名による事前の説得が奏功すれば、多方の部員はまとめられそうな気がするが、千条はまだ満足していない様子。千条は、もっとこの勝負を確実なものにしたいらしい。
「戦闘部は金がかかるだろう? 練習用の武器にトレーニング施設も充実させなければならない。もし、菫さんが戦闘部の補正予算案を生徒総会で提出したら、我々も微力ながら協力しよう。その代わり我々の提案にも賛成するように部員を説得してくれないか?」
確かに、そのやり方ならば部員の説得も容易になるが、
「ちょっと、あんた! いい加減に恥知らずな要求はやめなさいよ!」
お嬢様の横槍が再び入った。自分を無視した会議。そして、一恋のいじめの件を脇に追いやるような会議の流れに腹が立っていたのかもしれない。

千条は一応お嬢様の方に目をやり、
「確かに綺麗なやり方ではないかもしれぬが、生徒を守りぬく体制を迅速に作るために手段は選べないのだよ。大事の前の小事だ。大局を見失ってはいけない。」
「大局ですかあ~?あんたの派閥を焼け太りさせたいだけでしょう?」
「いかにも。」
悪びれもせずあっさりと認める千条に驚愕するお嬢様。
「教師も生徒会もこの学園をよくする意思がないのなら、私たちがやるしかないだろう。だが理想を実現するには力が必要なのだ。なあ、菫さん、あなたもこの学園を変えるために生徒会長を目指すのだろう?だったら、我々と敵対するのは絶対に避けるべきだ。」

現生徒会長は、学園に集まる多額の寄付を各部・各研究の実績に応じて公平に分配している。この、公平な利益の分配こそ、伝統的にこの学園の生徒会長に一番求められる資質なのだ。公平な分配をしている以上、有力な研究室は一番特をするわけで、とどのつまり有力な研究室が生徒会長の支持基盤となる。

菫さんは、生徒会長は「公平なアンパイア」であるだけでは不十分だと訴えているが、当然有力な研究室は支持するわけがない。また、有力でない研究室であっても、潜在的には有力になれる資質がある研究室が多いのでやはり積極的に支持することにはならない。結論を言うと、菫さんの現時点での支持基盤は、有力でない研究室でありかつ将来性のない研究室、ということになってしまう。もちろん、菫さん個人の人望で有力とか無力とかにかかわらず支持を集める戦い方をするしかないが、流石に利益の公平な分配が選挙戦の主眼であるうちはあまり期待できないだろう。

以上の背景を踏まえると、ここで、千条と仲違いすれば、菫さんの敗北は決定的になってしまう。

「なあ、菫さん。あなたもうすうす気づいているとは思うが、ここに集まる連中ははっきりいって落ちこぼればかりだ」
どっと苦笑が沸き起こる。けなされても、笑って流せる雰囲気でイヤミはまるでない。
「おのおのもちろん専門は持ってはいるが、人材が厚すぎるこの学園では、ちょっとやそっと優秀なくらいでは誰にも目をかけてはもらえない。結果、お昼のランチも独りで食べている者もいる。点としてしか存在できない生徒が少なからずいるんだ。」
「それは、とても悲しいことだと思います。」
菫さんは実感を込めて頷いている。脳裏にあるのは一恋ちゃんのことかな。
「私は、そういう点としてしか存在できない生徒をあえて選んでこのグループを作ったんだ。なぜだかわかるか?」
「居場所を提供したかったからですか?」
「そうだ。彼らを点ではなく線として結びつけ面にしたかったのだ。どんな人間にも存在意味がある。ましてやうちの学園に来るくらいの生徒だぞ?優秀であることは間違いないんだ。個々の能力を活かせる場を提供すれば、彼らはもっと健やかな学園生活を送れるようになると思ったんだ。」

sumire48_002

「戦闘部の100万円の補正予算案に賛成していただくことを条件に、学生相談室の部屋の確保に賛成しましょう。」
「こ、コイツの言ってること信じるの!?」
千条は自分の言葉でしゃべっている。しかも言っている内容はおかしくない。でも、もう一歩信用しきれない。おそらく、お嬢様の心情はそんなところだろう。
「千条様の提案は、生徒のメンタルヘルスの向上に資する提案です。これに関して言えば私の信念にそうものですから。」
「あのさあ、千条さまあ。今さらすぎる発言で恐縮なんですけどお。いつまでこんな大人数でここにいすわる気ですかあ?もう外暗いんですけど」
「お、もうこんな時間か。いや済まない。もうお開きにしよう。とにかく、一恋さんのいじめの件と補正予算案の件は私に任せて欲しい。悪いようにはしない。」
最後に、千条、菫さん、お嬢様の三人が握手をして会談が終わった。まあ、あくまでも儀礼的な握手だけど。

・・・



次のページへ
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

暗躍

「あああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーー」

「お嬢様、下品ですよ?」
菫・千条会談の二日後の夜、お嬢様とお部屋でくつろいでいたら、急に奇声を上げるものだからビビってしまった。
「ちょ、これ見なさいよ!?」
どれどれ、あ、例の学園裏サイトね。ほお・・・これは、
「千条と菫さんとキャサリンお嬢様が握手をしている写真ですね。」
写真は必ずしも真実を切り取るわけではない。、この写真で見ると3人とも笑顔になっているが、別段3人が笑顔になるような話し合いでもなかったはずだ。特にお嬢様は。まあ、俗に言う奇跡の一枚というやつか。
「これが何か?」
「記事読みなさいよ!」
若干切れ気味に命令するお嬢様。どれどれ・・・

 次期生徒会長選挙に立候補するのではないかとかねがね噂されていた戦闘部部長の菫さんは、かねてより大胆な改革案を示しその存在感を高めていた。菫さんは、学園内の加熱しすぎた競争意識を緩和すべく、学園内の格差是正を強く訴えている。現生徒会執行部は、菫さんの言動は学園の伝統である「自由で公正な競争」を真っ向から否定するものとして、強い不快感を示していたものの、大した支持は得られないだろうと警戒はしていなかった様子。
 しかし、先日、姫宮キャサリンの執拗な策謀が奏功し、千条・菫会談が極秘に行われたことにより事態は急展開。信頼できる情報筋によると、千条様は菫さんに次期生徒会長選挙での選挙協力を確約したもよう。
 学園最大の寄付者である姫宮家の令嬢と学園最大派閥を擁する千条様と学園内人気ナンバー1の菫さんが手を組むという想定外の事態に慌てたのは現生徒会執行部である。生徒会副会長の福山さんは「菫さんはただの操り人形。万一、菫さんが勝利する事態になれば、学園は姫宮キャサリンと千条の思うがままになり、今までのような実績にもとづいた公平な予算配分はできなくなる」とし警戒感をむき出しにしている。


「ナンデスカコレ?メチャクチャですよ」
「誰が何のために、こんな・・・虚実入り混じったいやらしい情報を垂れ流してるのよっ!?」

虚実入り混じったか・・・キレながらも冷静な分析をしてみせるキャサリンお嬢様。確かに千条・菫会談がお嬢様のお部屋で行われたのは事実だけど、別にお嬢様が呼びかけたわけじゃない。それに、会議の内容はあくまでもいじめ問題だ。その後確かに、生徒総会でお互いに補正予算案と学生相談室の設置に賛成し合うという密約も交わされたが、あくまでもいじめ対策の一環として臨床心理系の人たちに活躍の場を与えるという話に過ぎない。密約は、いじめ問題から派生した結果であり、それ自体が本題ではなかったはず。しかし、この文面ではまるで、権力欲に取り憑かれた姫宮キャサリンが生徒会執行部に喧嘩を売るために、千条と菫さんを主導的に煽っているかのような印象を与える。これは明らかに事実ではない。

sumire49_001.jpg

「誰が何のためにこんな怪情報を流しているのでしょうか。ううん、このような絶妙な写真、つまり始終不機嫌であったはずのお嬢様が笑っている写真を撮るのはかなり高度な技術が必要なのではないでしょうか?」
案に、千条派閥の盗撮・盗聴班が有力な容疑者ではないかと進言したところ、
「そうね、この写真は、あの連中が撮ったと考えるのが自然だよね」
「ああ!!」
「どうしたの?憂」
「千条様は、確か、今回のいじめの件で自分が怒っていることを裏サイトに書き込みなさいと指示してましたよね!?」
「あ!?そういえば、でもそれらしい文面はないわね。どういうこと?」
「書き込まれるごとに、管理人が削除しているのでしょうか?」
「ありうるわね、最初からみんな協力する気がなかったということも考えられるけど、菫さんも私も居る前で空手形をうてば、自分の威信にかかわるし。」
「あ、お嬢様!新着記事です」

速報:
 生徒会執行部の副会長の福山さんは、一恋さんにいじめを常習的に行っていた生徒二名に対し、一ヶ月のベーシックインカムの支給停止を提案。懲罰委員会4名を生徒会室に緊急招集し評決を行った。結果、賛成7反対2で可決したもよう。なお、反対票を投じたのは千条派閥の羽柴さんと大野さん。生徒会庶務の羽柴さんは、その後、停学二ヶ月の処分を提案したが、反対7賛成2で否決された。
 予算の分配と利害の調停にしか関心を持たない生徒会執行部が生徒同士の私的ないさかいに直接干渉するのは極めて異例。これは、姫宮・千条・菫一派のいじめ問題を建前にした学校運営への過度な干渉を嫌い、また彼女らの評判が上がる前に迅速に処理したとの見方が有力です。

ちなみに、ベーシックインカムとは、実績に基づいて月一でもらえる学生のおこづかいのことだが、この処分は、
「甘っ!!!!!!」
「なんなのよコレ! ベーシックインカムってあいつら成績劣等生だから月一万程度しかもらってないはずだよ!?いじめのけじめが一万円なんて、恋ちゃんを馬鹿にしてるとしか思えないわ!?」
「メールですよ!」
「ああ?」
「いえいえ、今の『メールですよ!』はPCから発せられた音声です。」
凝ったことしてますね。お嬢様。

「誰かしら、今それどころじゃないのに。」
ぶつくさ言いながらメールを開けるお嬢様。おや?千条からのメールだ。文面は以下のとおり。

・・・
まずいことになった。

一恋さんにいじめをしていた秋山・栗林両名が『私たちが処分を受けるのなら、姫宮様も処分を受けないとおかしいです。私たちは彼女に殺されかけたんですよ!?』と生徒会副会長の福山に直訴しているとの報告を、探偵部員から報告を受けた。

福山は姫宮さんへの厳罰を検討しているらしい。

もちろん我々千条派閥は姫宮さんへの処分に反対するが、懲罰委員の片桐と生徒会庶務の羽柴しか反対票が入らないだろう。

それで、提案なのだが、秋山・栗林両名に非公式に謝罪し、いくばくかの賠償金を支払ってはどうだろう?見返りとして、福山への直訴を取り下げてもらうつもりだ。
もし、提案に乗っていただけるならば、事の段取りは全て私に委任して欲しい。

選挙への影響を最小限に抑えるために迅速に解決したい。

なるべく早い返信をお待ちしている。

senjyou

・・・

あの二人が血迷ってお嬢様に喧嘩を売ってきているらしい。秋山・栗林両名にとっては逆恨みを晴らせること。福山にとってはお嬢様のイメージダウンを計ることで菫さんのイメージダウンを実現させようとしているのだろう。つまり、お互いの利害が一致したのだろう。
「お嬢様。この話が本当なら、お嬢様のお立場が危うくなるかもしれません。かと言って千条様の言うとおりにするのもなんだか借りを作るようで・・・って何をしてるんですかああああああ」
お嬢様は既に返信してしまった。しかもその内容は・・・

・・・
知らねーよ バーカ(´・д・`)
至高の美を体現するキャサリン様より
・・・
「ちょ! お嬢様!!これはまずいですよ!」
「あんたねェ・・・」
心底呆れた顔で私を見るお嬢様。
「私はこれ以上あのいけ好かない女とは馴れ合いたくないの。仲間だと思われるだけで鳥肌がたつの!! ああもう今日はイライラするからでてって、私は寝る!! 」

うう・・・何事も起こらねば良いですが。

・・・



次のページへ

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

Catherinefx

Author:Catherinefx
ブラックあずにゃんさんのTwitterによる寄稿のライトノベルです。
絵:きゃさりん

とある乙女の裁量決済(ロスカット)
http://catherine2010.blog119.fc2.com/

もともとは上記ブログで紹介させていただいていたのですが、最新記事から降順では読みづらいため、こちらに読みやすくまとめてみました。

最新記事も上記ブログで読むことができます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ゆーとぴあ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。